【インスタ×ツイッター連携】Instagramの投稿をURLを変更せずにTwitterに画像付きで自動投稿する方法

お久しぶりです。

ブラジルは、ようやく2週間にも及ぶイースター休暇が終わり、今、すごく幸せです(笑)
※主婦あるある

唐突なんですが、今まで逃げてきた「インスタアカウント」を先日とうとう作成し、猛烈に勉強しています。。。

いやでも、まだ今後どうやって使っていこうかな~っていうのは考え中でして・・・(笑)

画像が必須のSNSですからねぇ・・・

今後、少しづつ慣れていけたらな。と。

そして、便利だなと思う情報は、その都度、ブログ記事にてシェアしていきたいと思っています!

 

さて今日は、
タイトルにもありますように、インスタグラムの投稿を、ツイッターに画像付き+URL変更なしで自動投稿する方法をご紹介します。

[toc]

インスタグラムとツイッターの連携

今回はテストとして、以下のインスタの投稿で実践していきます。

 

 

 

インスタグラムのアプリの中にも、すでに「Twitterでシェア」できるボタンがあると思うんですが・・・

 

 

 

これを押すと、ツイッターでの表示が

 

 

こういう感じになりませんか?

 

ソライチ

せっかくインスタで画像投稿しているのに、なぜかツイッターでは画像が反映されない!!!

 

連携するなら、当然画像も表示されるようにしたいですよね!

今日は、この方法をご紹介します。

 

 

IFTTTを使う

IFTTTとは?

 

IFTTTとは、「IF THIS THEN THAT」の形に様々なサービスを組み込み、それらを連携することができる、非常に便利な無料ツールです。

ここでの組み合わせは「レシピ」と呼ばれています。

例えば、

IF:ワードプレス更新したら、
THEN:その更新情報をツイッターに画像付きで自動投稿する。

とか。

IF:グーグルフォトに画像を保存したら、
THEN:ドロップボックスにも自動保存する。

とか。

IF:好きなブロガーの記事が更新されたら、
THEN:自分にメールする。

とか。

一度設定すると、全て自動でやってくれますので、いちいち手作業をする手間が省け、時短になります!

めちゃくちゃ便利なので、ぜひ色々な連携をマスターしていただければと^^

 

 

 

手順

下準備:インスタとツイッターにログイン

IFTTTとインスタ・ツイッターを連携するため各SNSにログインしておきます。

パソコンでログインしたほうが簡単です。

 

 

1、IFTTTの登録

https://ifttt.com/

IFTTTにアクセス。

メールアドレスを入力するだけで、すぐに利用が可能です。

特に登録メールアドレスでの認証は必要ないので、そのままサクッと次に進みましょう。

 

 

2、インスタとツイッターを連携する「レシピ」を作成

今回の記事では、

IF:
インスタで画像を投稿したら
THEN:
ツイッターに画像付きで自動投稿する

というレシピを作成します。

それでは行きましょう!

 

 

ホーム画面上部にある、「My Applets」をクリック。

 

 

画面右上部にある「New Applet」をクリック。

 

choose a serviceと表示されるので、検索枠の中に「i」と入力。

すると、instagramが最初の候補として出てくるので、そのアイコンをクリック。

 

アイコンをクリックすると、インスタグラムと連携するために、上の画面が出てきます。

ここで「Connect」をクリック。

 

下準備でインスタにログインしていると、この画面が出てきます。「Authorize」をクリック。

ログインをしていない人は、ここでログインをして、同じようにAuthorizeをクリックしてください。

この作業で、IFTTTとインスタグラムの連携が完了しました。

 

 

 

ここで、レシピの「IF」の部分を選びます。

IF:
インスタで画像を投稿したら
THEN:
ツイッターに画像付きで自動投稿する

なのでここでは、「インスタで画像を投稿したら」を選択します。

この場合は、一番左上の選択肢である「Any new photo by you」をクリック。

 

 

インスタグラムの「IF」の部分の設定が完了したので、今度はツイッターの「THAT」の部分を設定します。

画面にある「TAHT」の部分をクリック。

 

インスタグラムの時と同じように、Choose a serviceが表示されるので、今度は検索枠の中に「t」と入力。

すると、ツイッターが左上に最初の候補として出てきます。

Twitterのアイコンをクリック。

 

同じように、今度はツイッターとIFTTTの連携です。

「Connect」をクリック。

 

下準備でツイッターアカウントにログインしていれば、この画面になりますので、「連携アプリを認証」をクリック。

Twitterにログインしていない方は、ここでログインをして、同じように「連携アプリを認証」をクリックしてください。

この作業で、IFTTTとTwitterの連携が完了しました。

 

 

 

認証を済ませると、今度はこの画面になります。

ここで、「THAT」の部分を選択します。

ここでは、左から二番目の選択肢である「Post a tweet with image」を選びます。

 

 

 

この画面が出たら、ほぼレシピは完成なのですが・・・

上の「Caption」というタグが入っているボックスの右下にある「Add ingredient」をクリックし、「URL」というタグを追加しておきましょう。

 

追加したら、「Creat action」をクリックします。

 

そうすると、この画面になるので、「Finish」をクリックして完了です。

 

 

3、IFTTTの短縮URLを使用しない設定にする

以上の方法でレシピを作り、インスタグラムに投稿すると、以下のように、きちんと画像付きでツイッターに自動投稿がされると思います。

 

が、この赤線のところに注目!

IFTTTの短縮URL、嫌じゃないですか?(笑)

いや、別にIFTTTが嫌いってわけじゃないんですけど、(むしろ大好きです)でもこれって、IFTTTの存在知らない人からしたら、ちょっと怖いと思いません?

 

[st-kaiwa-3405]え・・・?詐欺リンク?[/st-kaiwa-3405]

 

とか思われるかもしれないじゃないですか(笑)

Twitterユーザーは、この「IFTTT」を知らない人の方が多いと思いますし、逆に、このURLが仮に「インスタグラム」のものだったら、見る人にとって安心感を与えますよね?

なので、その設定もしておきましょう。

まずは、IFTTTのホーム画面にいきます。

 

 

画面右上の、ユーザーアイコンのところをクリック。

 

「Settings」をクリック。

 

 

すると、ツイッターかインスタのプロフィールがユーザー情報として反映されている画面になりますので(このプロフィールは変更できます)、下にスクロールしていきます。👇

 

 

デフォルトでは、この「URL shortning」にチェックが入っているので、このチェックを外して「Update」をクリック。

 

これで、設定は完了です!

お疲れさまでした^^

 

4、インスタに投稿してみよう!

さて!

連携を済ませたら、早速インスタで投稿してみましょう^^

 

 

出来た♡たったらー♪

画像もきちんとTLに反映されているし、URLもインスタグラムのもののままですね^^

これでタイムラインを見ている人は、投稿された画像を見るために、いちいちURLをクリックしなくて良いし、当該画像がインスタで投稿されているものだ、と分かりやすくなりました。

 

ちなみに。

私が実際にこの設定で投稿しているものが、こちらです。

 

こんな感じで表示されるので、連携を考えている方は参考にしてください^^

 

 

まとめ

個人的には、Twitterのタイムラインで、画像がURLで表示されているのが嫌だったので、色々探していたら見つけました。

あと、一番重要だったのが、インスタグラムのURLを変更せずに、自動投稿すること。

 

無料で使えるサービスの中でも、IFTTTはとにかくおすすめです。

私は好きなブロガーさんや、参考にしているブログは、すべてまとめて更新情報を専用のメールに送ったりしてますね~。

あとは、今は使ってませんが、最近まで、ブログの更新情報はTwitterとIFTTTで連携していました。

このやり方も今後記事にしていきたいな、と思います^^

 

それでは!

今日はここまでです^^

 

   

CA1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
ソライチの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA